未成年がいる場合の遺産分割

相続人の中に未成年者がいる場合、未成年者は遺産分割協議が出来ませんので、下記のいずれかの方法で遺産分割協議をします。
 

  • 未成年者が成年に達するまで待ってから遺産分割協議をする
  • 未成年者の代理人が遺産分割協議をする


通常、未成年者の代理人は親になりますが、親子共々相続人となる相続の場合には、親と子供の利益が相反することになりますので、親が子供の代理人となって遺産分割をする事が出来ません
子供がの財産を取得する権利を両親が脅かさないために、法律で決められているのです。

また、親は相続人はなく、子供だけが相続人である場合であっても、数人の子供を一人の親が代理人となることもできません。
このよう場合、未成年者一人ひとりのために特別代理人を選任します。

特別代理人は家庭裁判所に選任を申し立てることにより、代理人が決まります。

 

遺産分割(協議分割)について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

まずはお気軽にお電話ください!

フリーコール0800-777-3039

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

沖縄相続遺言相談センターでは、沖縄・那覇を中心に相続手続きや遺言書に関する無料相談を実施しております。相続コンサルタントの西山が、沖縄の皆様の相続や遺言に関するお悩みを親身にお伺いします。相続手続きや遺言書の作成の流れや相談者様が疑問に思っていることについて、丁寧にお伝えしますので些細なことでもお気軽にご相談ください。

◆沖縄相続遺言相談センターへのアクセス
沖縄 相続…沖縄県那覇市おもろまち4丁目6-20 ぷらっとビル3F

またFM21 (76.8MHz) 沖縄のコミュティラジオ放送局でパーソナリティーをしております。相続をはじめ、様々な情報をお話しておりますのでぜひお聞きください!

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

沖縄県那覇市おもろまち4丁目6−20
  • LINEはじめました!
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す