生前対策

seizen.png
相続よりも、その前に起こることで、心配なことが沢山あると思います。
例えば、入院したり、認知症になってしまったら面倒を見てくれる人が居るのか…。
その時、預金や通帳は誰が管理してくれるだろうか…。等々。
ここでは、これらの生活に密着した生前対策についてご紹介いたします。

seizenf0801.PNG

 

ご高齢の方にとって、まだまだ元気と思っていても、体が思うように動かない日がいつかはやってくることに不安を感じるのではないでしょうか。

そうなった時に備え、事前に法的な準備をしておくことも重要です。

身体が動かなくなると、財産の管理も思うようにいかなくなります。身近なご家族が常にサポートしてくれるなら問題ありませんが、そうでない場合は、法律の力を借りて自分の財産を管理しないといけません。認知症であるがゆえに、親族に通帳から使い込まれてしまったり、詐欺にあってしまったりと、昨今は様々な問題が起こっています。

こうした対策としては、財産管理契約を結んで、適切に管理してもらうことが有効です。

また、遺言書を書くほどではないかな・・・ でも自分が、先に死んだら妻はしっかりと暮らしていけるだろうか。葬儀の手配や法要、自分亡き後にもらうことになる年金の請求は一人で出来るだろうか、こうした手続き一式を代行してくれる信頼できる専門家はいるのだろうか・・・

これは、死後事務委任契約によって、対応が可能です。
配偶者には、負担を掛けたくない、そんな方には死後事務委任契約を結んでおく事をお勧め致します。相続の手続きの前に、収入を確保する意味でも、しっかりと年金の受給など、生活に密着した手続きをお手伝いさせていただきます。

相続の開始前に、自分の健康状態万一の時に備えて、事前の準備をしておいた方が良いのではないかと思われる方に生前での対策をご案内したいと思います。 

 

金銭管理契約とは

入院の際に、誰にお金を管理してもらったら良いのか、入院費用の支払いを誰にお願いしたらよいのか、公共料金の支払いを誰にお願いしたら良いのか・・・ こうした現実的な問題に直面される方もいらっしゃると思います。

こんな場合は、財産管理契約をご利用ください。

財産管理契約についてはこちらでご確認下さい。

残念ながら、ご本人様が認知症になってしまったり、病院に通院する毎日となってしまうと、親族や特定の相続人による財産の使い込み等が、遺産相続では問題となっております。
親族同士(推定相続人)であっても、特定の人に財産を任せておくのが、不安だという方は、財産管理契約と任意後見契約を活用して、しっかりと財産を管理させていただくことが可能です。詳しくは、お気軽にご相談ください。

 

 

生前対策について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

まずはお気軽にお電話ください!

フリーコール0800-777-3039

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

沖縄相続遺言相談センターでは、沖縄・那覇を中心に相続手続きや遺言書に関する無料相談を実施しております。相続コンサルタントの西山が、沖縄の皆様の相続や遺言に関するお悩みを親身にお伺いします。相続手続きや遺言書の作成の流れや相談者様が疑問に思っていることについて、丁寧にお伝えしますので些細なことでもお気軽にご相談ください。

◆沖縄相続遺言相談センターへのアクセス
沖縄 相続…沖縄県那覇市おもろまち4丁目6-20 ぷらっとビル3F

またFM21 (76.8MHz) 沖縄のコミュティラジオ放送局でパーソナリティーをしております。相続をはじめ、様々な情報をお話しておりますのでぜひお聞きください!

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

沖縄県那覇市おもろまち4丁目6−20
  • LINEはじめました!
  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す