遺言書とご葬儀の対策

昨今、多くなってきているのが、事前に自分の葬儀や供養について決めておき、死後、家族や親せきに迷惑がかからないようにしたいというご相談です。

このような場合は、下記のような契約が必要になります。 

遺言書の作成 + 死後事務委任契約

遺言書に記載しておくことは、下記のような内容になります。

  • 相続財産である預貯金や不動産の相続をどうするか
  • 誰に相続してもらうか
  • 子供さんがいない場合などは、ユニセフや慈善団体への寄付

などです。 

死後事務委任契約に記載しておくことは、下記のような内容になります。

  • 自分の住んでいる家の処分方法について
  • 自分が入っている施設(老人ホームや高齢者住宅)の家財道具の処分について
  • 亡くなった際に、どこの葬儀社様のどのようなプランにしたいか →簡単な家族葬でお願いしたい等で決められる方が多いです。
  • 葬儀のあとの供養をどのようにしたいか →近隣のお寺の永代供養にしたい、樹木葬にしたい等 

上記のように、遺言書と死後事務委任契約を通じて、ご自分が亡くなった後のご葬儀から ご供養までご自身で決めることが出来ます。

この契約における重要なポイントは、下記の3点になります。

 

遺言書+死後事務委任契約のポイント

  • 遺言執行者を決めておくこと 遺言執行者とは、遺言書にもとづいて手続きを代行してくれる法律で決められた遺言の 内容を実現する担当者です。これを司法書士や行政書士などの専門家に依頼される事で円滑に手続きを進める事が可能になります。
  • 死後事務委任契約を専門の事務所と結ぶ 上記と連動しますが、亡くなると同時に各種の手続きや支払いが発生しますが、これは ご相続人以外では出来なくなってしまいますので、遺言執行者になってもらった専門の 事務所に同時に、この死後事務委任契約を結んでおくことで、葬儀費用や家財道具の 処分なども担当してもらうことが出来ます。 ※この契約が無いと、親戚が自腹で手続きや処分をしなくてはいけなくなります。 
  • 一連のお手続き費用を別口座について用意しておく 予め、死後の事務手続きや葬儀に掛かる費用を別口座に移しておいて、通常の財産と分けて管理しておくとよいでしょう。

 

別口座に入れておくべき費用とは?

私たちがお手伝いしている案件では、概ね100万円前後くらいが一般的です。 最低予算で60万円ほどあれば、お手伝いは可能です。 

内訳としては下記のような概算となります。

ご葬儀費用:直葬で20~30万円、家族葬で30~50万円

家財道具の処分:業者に依頼して8~15万円

ご供養の費用:お寺や霊園など5~15万円

未払い金の支払い:10万円前後

法律家への代行報酬:10万円からのお手伝い。

 

もしも、子供がおらず、ご自身の葬儀などで施設の方や親せきに迷惑を掛けたくないという方は、こちらの遺言書と死後事務委任契約のご相談をいただければ、きちんとした身ぎれいな最期を迎えることが出来ると思います。

 

 

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

まずはお気軽にお電話ください!

フリーコール0800-777-3039

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

沖縄相続遺言相談センターでは、「沖縄で幸せな相続のお手伝いをする唯一のお店」をモットーに、沖縄・那覇を中心に相続手続きや遺言書に関する無料相談を実施しております。相続コンサルタントの西山が、沖縄の皆様の相続や遺言に関するお悩みを親身にお伺いします。相続手続きや遺言書の作成の流れや相談者様が疑問に思っていることについて、丁寧にお伝えしますので些細なことでもお気軽にご相談ください。

◆沖縄相続遺言相談センターへのアクセス
沖縄 相続…沖縄県那覇市真嘉比2丁目 37-7号 2階

沖縄のコミュティラジオ放送局、FM21 (76.8MHz)、FMレキオ(80.3MHz)、ちゅらハートFMもとぶ(79.2MHz)でパーソナリティーをしております。相続をはじめ、様々な情報をお話しておりますのでぜひお聞きください!

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す