相続財産が不動産のみの場合

ここでは、相続財産が不動産しかない場合の遺言書によるトラブル防止対策を一緒に確認していきましょう。まずは、下記の事例をもとに見ていきましょう。

famign-01

<家族構成>
お父様:5年前に他界。
お母様:80歳。
お兄様:48歳。バツいち。再婚して、子供1人。
正子さん:45歳。未婚。


5年前にお父様が亡くなった際の相続では、お父様の名義の不動産(土地・建物)と預貯金200万円ほどをすべてお母様が相続しました。

この不動産はお父様が亡くなる前年度にリフォームしていたので、建物の評価が600万円。土地の評価が1500万円となっており、合わせて2100円の固定資産評価額となっておりました。

正子さんは、お兄さんと遺産相続でもめてしまうことが心配でした。

というのも、正子さんはお母さんの介護をしながら同居していますが、もしも今後、起こり得るお母様の相続でもめてしまうと、お母様の財産は下記のとおりで完全に不動産に偏っているので、遺産分割が非常に心配な状況です。

お母様の財産: 不動産 2100万円※固定資産評価額 預貯金300万円ほど

こうした状況で、兄弟2人で法定相続にしようとお兄さんに言われてしまうと、相続財産の 総額が2400万円ですから、もし、正子さんがお母様と暮らしてきた自宅に住み続けようと すると、半分の1200万円をお兄様が相続するにあたって、預貯金の300万円を渡すだけでは なく、自らの財産から900万円もの現金を渡さなくてはいけなくなってしまいます。

こうしたトラブルになってしまうと、正子さんは自宅を売却してお金を作るしかないので、 生活する場所を奪われ、非常に苦しい立場になってしまいます。 

また、お兄様との関係は悪くは無いものの、再婚したお兄様の奥様との面識も無いほか、 お兄様も仕事を転々としているので、生活も豊かではない様子。 こうした状況を鑑みて、少しでもリスクがあるのは良くないとお母様は考え、不動産は正子に、残った金融資産は長男に、という遺言書を作成することにしました。

 

遺言書作成について

初回のご相談は、こちらからご予約ください

まずはお気軽にお電話ください!

フリーコール0800-777-3039

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

沖縄相続遺言相談センターでは、「沖縄で幸せな相続のお手伝いをする唯一のお店」をモットーに、沖縄・那覇を中心に相続手続きや遺言書に関する無料相談を実施しております。相続コンサルタントの西山が、沖縄の皆様の相続や遺言に関するお悩みを親身にお伺いします。相続手続きや遺言書の作成の流れや相談者様が疑問に思っていることについて、丁寧にお伝えしますので些細なことでもお気軽にご相談ください。

◆沖縄相続遺言相談センターへのアクセス
沖縄 相続…沖縄県那覇市真嘉比2丁目 37-7号 2階

沖縄のコミュティラジオ放送局、FM21 (76.8MHz)、FMレキオ(80.3MHz)、ちゅらハートFMもとぶ(79.2MHz)でパーソナリティーをしております。相続をはじめ、様々な情報をお話しておりますのでぜひお聞きください!

  • 新着情報
  • テーマで探す
  • エリアで探す